アムウェイの商品だけ買いたい方は、こちらの記事お読み下さい。

リリー(Lily)ブログ公式LINEも始めましたのでお気軽にメッセージ下さい♪ (良くも悪くも単なるアムウェイ愛好家リリーのプロフィール)

友だち追加

アムウェイ洗濯洗剤SA8液体タイプの汚れ落ち具合どう?使い方は?

アムウェイといえば、おなじみの「洗濯洗剤」

大昔からアムウェイの洗濯洗剤だけは使ってるんですとおっしゃられる方も非常に多いこのSA8洗濯洗剤

筆者リリーは、皮膚アレルギー体質でして子供たちも同じく皮膚が敏感なため色々と洗濯洗剤を試すことは非常に不安。

しかし今回は、思い切って長年使用していた天然ラベンダー油の香りの自然派洗濯洗剤をやめて、以前から気になっていたアムウェイのSA8液体洗濯洗剤へ変えてみたので詳しく口コミしますね。

これまで使っていた自然派洗濯洗剤すごく好きで、子供たちが赤ちゃんの頃から使っていたんですけどね。

これが子供は育ち、きったないドロドロ靴下体操服は絵の具やら泥やら色々つけて帰ってくる。

そして、どうも自然派洗濯洗剤では汚れの落ち具合が物足りなくなっていた次第です・・・。

1,2回の洗濯での使用だと、感想としてわかることも少ないので2ヶ月程度継続使用してみたのちの記事となっております。

具体的な使い方汚れの落ち具合なんかも解説していきます。

アムウェイSA8 液体洗濯用洗剤の概要

「アムウェイ ホーム SA8 柔軟仕上げ剤配合 液体洗濯用洗剤 1L」という名称で販売されている洗濯洗剤。

濃縮タイプとなっているので、このボトル1本で100回の洗濯ができる。(30L水使用で)

米国環境保護庁の基準に適合しており、高い洗浄力は残したまま、環境や人体への影響へも配慮した洗剤。

この洗剤のポイントは6つ。

・2種類の酵素が配合されていて、皮膚、タンパク質、炭水化物の汚れがスッキリ!

・弱アルカリ性

・すすぎが早いので節水、節電に!

・柔軟剤が配合されてる

・蛍光剤配合(白さの輝きにグッド。ダークな色合いには向いてない)

・米国環境保護庁のセーファーチョイスプログラムに適合している

詳しく書いた記事はこちら(米国環境保護庁の賞を受賞している

使い方は?

まず、この液体洗剤を購入する際には別売りの「計量キャップ」を一緒に購入するのがオススメ。

別売り軽量キャップはこちら(アムウェイ 計量キャップ – アムウェイ公式サイト

会員登録なしで購入する場合はこちら(アムウェイ 計量キャップ 25%OFF : Amway(日本アムウェイ)

そうでないと、毎回洗濯するたびにボトルの注ぎ口部分はベトベトになります。

元々付属しているキャップも計量に使えるけれど、注ぎ口がボトルそのまんまの形状なのでボトボトになるのが難点。

【洗濯に対しての量】

水30Lに対して、洗剤10ml。

水45Lの場合は、洗剤15ml。

こんな少ない量で大丈夫?汚れ落ちるの?なんて少々心配になりますが、これが濃縮タイプということで綺麗に汚れを落としてくれるんですね。

スポンサーリンク

リリーの口コミ/試してみた感想

総合評価 97/100(点中)

総体的に気にいったのは事実。

まず、濃縮タイプはポイント高め。(まとめ買いがいらなくなった)

思っていた以上に汚れの落ち具合は良すぎる。

あえて、マイナス3点としたのは「香り」

今まで愛用していた洗剤がラベンダーの天然油の香りのものだったので、今回のアムウェイ液体洗濯洗剤はいかにも「洗濯洗剤のニオイ!」という感じ。

最初、使い始めたころは「え、ちょっとクサイかも・・・、無理かも・・・」なんて気持ちにもなったのは正直な感想。

けれども、そこまできつい香りではないので、ほとんどの人は気にならないのかなぁと思うのですがリリー個人的には若干気になったというところです。

香り

先ほども書いたように「ニオイ」が最初かなり気になりました。

今まで自然派系の洗濯洗剤を使っていた方は、リリーと同じように最初「ちょっとクサイかも・・」となるかもしれないです。

香りの種類的には「グレープ」のようなイメージ。

1週間くらい経過した頃くらいから、香りは全く気にならなくなりましたけどね。

むしろ、フレッシュな感じの洗濯したー!って香りにさえも思えてきましたので。

使用感

液体はブルーなので、計量する時に見やすくて良い。

2ヶ月くらい継続して使用中の今となっては、本当に使いやすい洗剤だなとは感じてます。

あと、アメリカの洗濯洗剤思い出します。

アメリカって洗濯洗剤の種類もかなり豊富で、環境やら皮膚やらにうるさく、良質な洗剤も豊富。

どちらかというと、このアムウェイの洗濯洗剤はかなりオーソドックスで一般的なアメリカの洗濯洗剤の感じがしましたね。

汚れの落ち具合

汚れの落ちは、かなり良いです。

今まで愛用していたものが自然派系ものだったためか、汚れの落ち具合に感動大きかったのは正直なところ

以前は、靴下とかの汚れが全然落ちなくて困っていたところもあったので。

普通はね、洗濯機に入れる前にちょこっと汚れの部分を手洗いして入れたらいいんだろうけどね。

毎日バタバタ忙しく働く共働き母にはそんな余裕はない・・・。

とにかく、洗濯機に全部つっこんでシャッと綺麗になってくれることにこしたことはないのですよ。

特に、一番わかりやすいのは「白いTシャツ」。

以下のは子供のTシャツですが、すごく真っ白に綺麗になります。

以前使っていたような自然派で優しい洗剤はやっぱり白いシャツなども、何回か洗濯していくうちに濁ったような色になってくるのですよね。

逆にこの洗剤は濃いめの色、黒とか紺とかそういう色の衣類にはあまりオススメしません。

それらは、濃いめの色合い専用の「アムウェイ ブラック色合いキープ 液体洗剤」を使用するか、「アムウェイ クールウォッシュ」が良いです。

かといって、そんな洗濯に色々こだわりを持っているわけでもなく、ただただ合理的に時間を短縮しつつ、効果は最大限に得たいということしか考えていないズボラなアラフォー女です。

筆者リリーはどのように使い分けしているかは以下の通り。

何種類も洗濯洗剤を使い分けたりできるようなマメな人間ではないので、「SA8 柔軟剤配合 液体洗剤」と「SA8 クールウォッシュ」の2種類のみで全てOKにしてます。

クールウォッシュについて詳しく書いた記事は以下お読みください。

アムウェイ洗濯洗剤クールウォッシュでクリーニング要らず?使い方は?

【SA8柔軟剤配合液体洗剤で洗ってるもの】

・子供達の学校の衣類

・子供達の普段着、靴下、下着(色分けしてないです)

・シーツ

・タオル

・ブランケット

・クッションカバーとかマットとか

【SA8 クールウォッシュで洗ってるもの】

・リリーの服全般(肌着なども含め全て)

・夫の服全般

・子供のおしゃれ着

・ワイシャツ

・ダウンジャケット

・ウールセーター

・濃いめの色の服全般

SA8クールウォッシュに関しては、中性洗剤で蛍光剤が含まれていないので色々生地のこと心配せずに安心して洗えるなぁと感じておりますので、比較的デリケート素材が多いリリーの衣類や夫の衣類は全てクールウォッシュで洗ってます。

自分の靴下や部屋着は通常のSA8液体洗剤でもいいのかな、なんて思ったりもしますが分けるのも面倒くさくて服とまとめて一緒に洗ってる次第です。

パッケージ

1Lの濃縮タイプのボトルがなかなか良いですね。

同じ液体洗剤の4Lタイプも売っているのだけど、4Lボトルはデカすぎて逆に使いづらい。(コスパは4Lの方が良いけどね)

リリー個人的にはこの1Lボトルが、女性の手で持っても快適に持てるサイズですごく良い。

我が家は洗濯の回数がとても多いため、ボトルを持つ時の快適さも重要

その他に良いポイントとしては、以前使っていた洗剤の場合は詰め替え用を大量にまとめ買いして保管しておくということをやっていたのだけれど、この濃縮液体洗剤のおかげでスペースも空くし、買い足しも少なくて済む

「洗濯洗剤もうそろそろなくなりそうだなぁ、買いに行かないとなぁ」とかそういう心配が少し減っただけでも精神の健康に貢献してくれた気さえしてます。

それぐらいこの濃縮タイプにはメリットが多いですね。

スポンサーリンク

オススメ度

★★★★★(5星満点中)

洗剤の香りが若干気になるところがあったけれども、オススメ度は5スター。

一日の洗濯回数が多いご家庭には本当にオススメ。

まとめ買いで詰め替えをたくさん置いておかなくて良いのは大きいですね。

あと、子育て家庭などにもオススメ。

今使っている洗剤はどうも汚れが落ちにくいなぁなんて思い始めている方にも良いですね。

コスパ

1L容量 1,610円(アムウェイ会員価格)

アムウェイ公式サイト – Amway ホーム SA8 柔軟仕上げ剤配合 液体洗濯用洗剤 1L

30L水で、100回お洗濯が可能。

なので、実質1回の洗濯で16円

これを安いと感じるか高いと感じるかは、今現在使用中の洗濯洗剤を30L水で洗う場合の量で換算して計算してみて比較するのが良いですね。

リリーの場合は、以前まで使っていたものを計算するとなんと1回あたり30円くらいだったので半分のコストに抑えられたという結果になりました。

数年単位のコストで考えると、かなりの節約。

確かに、以前まで愛用していた洗剤は自然派洗剤で香りもよく品質も高く非常に気にいってましたが、価格帯が若干高め。

今回は「品質+環境配慮+皮膚への優しさ+汚れの落ちの良さ=価格」で考えて比較してみてアムウェイのものが総体的に良いなと思ったので使用継続してます。

アムウェイには粉末タイプの洗剤もあり、こちらだとさらにコストが安く1回あたり8円程になるので、粉末が好きな方はかなり経済的に洗濯できそうですね。

こちらの記事でも詳しく書いております(アムウェイ洗濯洗剤の粉末タイプのコスパについて

リリーは液体が使いやすくて好きですが、アムウェイの粉末洗剤は粉末だけれども水にササッと溶けてくれるメリットもあります。

アムウェイ会員登録せずに洗濯洗剤を購入したい方はこちら

ショッピングのみ会員「年会費無料プライムカスタマー」についてはこちら

気になるけど、アムウェイから買うのがちょっとなぁ〜という方は、若干割高にはなりますが楽天市場やAmazonでも転売があるみたいですね。

楽天市場 – アムウェイ SA8 柔軟仕上げ剤配合 液体洗濯用洗剤 1L

Amazon – アムウェイ SA8 柔軟仕上げ剤配合 液体洗濯用洗剤 1L

アムウェイ液体洗濯用洗剤レビュー&使い方まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回のアムウェイSA8 柔軟仕上げ剤配合 液体洗濯用洗剤まとめると以下のとおり。

・白さを際立たせる

・もちろん色物にもOK

・自然派洗剤で物足りない方にはちょうど良し

・すすぎが早い

・濃縮タイプで買い足し&保管のストレスフリー

・洗剤の香りが若干気になる場合あり

・環境への配慮と人体への優しさにこだわりあり

・コスパ良し

たかが洗剤、なんでも良いわ〜という方にとってはアムウェイの洗濯洗剤は若干割高だよねーという方も多いと思います。

しかし、意外にも実際今使用している洗剤の価格から1回あたりの金額を計算してみると同じくらいか若干アムウェイの洗剤のが安いなんてことも多々ありますので1つの選択肢として考えてみるのも良いですね。

筆者リリーのように自然派洗濯洗剤で物足りなくなってきている方には、アムウェイの洗濯洗剤は品質や優しさ、価格、汚れの落ち具合などが、ほどよく良くマッチするのです。

だけど正直なところ、今は大昔と違って本当に優秀な高品質の洗濯洗剤が低価格でたくさん販売されてますしね、ご自身の生活スタイルなどに合ったものを選択するのが一番です。

アムウェイが洗濯洗剤を初めて発売した大昔の当時であれば、環境や人体に配慮された洗剤なんてすごく衝撃的にすごい製品だったのだろうなと感じますけれど、時代は変わってきてますしね。

今、アムウェイが新しい洗濯洗剤開発するのであれば個人的にはアムウェイ洗剤の洗浄力を落とさずに、なおかつ天然油などの香りがあり、もっと自然派オーガニックに近い感じだけれど濃縮タイプで、汚れはシャッと落としますよっていうようなものが出てくると嬉しいですね。

欲張りですが。

筆者リリーは、良くも悪くも単なるアムウェイ製品の愛好家。(プロフィール

なぜアムウェイは嫌われるのか?それでも可能性を否定できない3つの理由

リリー(Lily)ブログ公式LINEも始めました!お気軽にお友達追加&メッセージして下さいね。

友だち追加

最後までお読み頂きありがとうございました!

サブの役割として、リリーブログ公式YouTube始めました!!

宜しければチャンネルご登録下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リリー(Lily)ブログ公式LINE始めました♪

お気軽にメッセージ下さい( ´ ▽ ` )
友だち追加